FC2ブログ

違って良かった。。。 / 決まったよ!

昨年、右目の真上が腫れ上がって、おハゲが出来てしまったかっちゃん。
病院で診てもらったらガンの可能性がある、と。

DSC_かっちゃん


急いで検査をしたけれど、結果が出るまで2,3週間かかるということで、ドキドキ。ドキドキ。
結果、ガンではありませんでした!!!あ~よかった。。。

かなり大きく腫れ上がって、おハゲになってしまったので、毛が生えそろうのも時間がかかるかも……って言われていたけど、思った以上に早く生えそろってくれた。

今ではこの通り!(^_^)v

DSC_かっちゃん02


本犬は至って元気で、散歩も長時間行きたがるし、ご飯もモリモリ食べてるし、この前なんて助走無しで80cm超えている障害物を飛び越えられてしまってこっちが慌てたわ~(>_<)

元気なのは良いけれど、ちと自分の年齢を考えてくれると嬉しいな…頼むから(^^;)



それから、預かっていたメーちゃんに家族が出来ました・・・・・まぁ、我が家なんですけど(^^;)

DSC_メー_1

DSC_メー


蘭子が兎に角、メーちゃんを嫌っていてなかなか受け入れてくれなくて苦労したし。

DSC_蘭子


前述の通り、かっちゃんにガン疑惑があったり。
昨年かっちゃんが一番懐いていた母が亡くなってしまったため、分離不安になってしまったり。
他にも、まぁ~いろいろあって、メーちゃんをうちの子にするかどうか家族会議を何度も何度も…。

今年に入ってかっちゃんが落ち着いたのもあって、メーちゃんをうちに迎えることにしました。
……反対していたの私と蘭子だけだったし。

保護主の子豚さんと相談して、新年度の狂犬病予防注射後に登録に行くので、まだ正式な手続きは終わってないんですけどね、、。


DSC_メーちゃん
え?何言ってるの?メーは、とっくにここの家の子だよ?」by.メーちゃん



気に掛けてくださった皆さん、ありがとうございましたm(_ _)m



スポンサーサイト



テーマ: 写真日記 | ジャンル: 写真

2.頭の中の整理用の日記。(~10月24日分まで。)

頭を整理用の日記の為、文章ぐちゃぐちゃ。



・5月末から6月前半に掛けて、放射線治療。
その後、抗がん剤の点滴を続けながら、8月15日にMR、8月21日にCT。

・8月5日
犬3頭を病院に連れて行く際に、母がかっちゃんをつれている最中に転倒。
腕や足を思いっきり打ちつけた。

・8月6日
近所の整形外科に行くと、左腕を骨折。
8月8日、8月19日、病院通い。

・8月23日
電車でショッピングモールに出掛ける。この時は結構長い時間を歩いていたが歩けた。

・8月25日
数日前から足がだるいと言っていたが、この日から特にダルさが酷くなった。

・8月26日
再び、整形外科へ。足元がふらつく。手を貸しながら歩く。


8月30日(付き添い、父)
血液検査及び、抗がん剤の点滴。
頭のMR・CTの結果を聞く⇒放射線治療でも消しきれず、少し残ってしまったと説明を受けた。
が、本人が抗がん剤の点滴を受けている最中に父が呼び出される。
放射線治療が思った効果が出ておらず、恐らく今年の秋は越せないだろうとのこと。

もともと抗がん剤は頭に回りにくい。
ただ、医学的根拠は無いが、放射線治療をした後だと抗がん剤が頭に回るときがあるとのこと。
それにかけるしかないと話があった。


・9月2日
整形外科にてリハビリ。
家の中でも杖がないと歩けなくなってきたので杖を購入し、この日初めて杖を使って外に出る。
が、初めてのせいもあってか杖が上手く使えない。結局、腕を貸して歩いた。

・9月9日
整形外科にてリハビリ予定だったが、台風15号がきた為、中止。
そもそも、杖を使っても歩けるか微妙に。

・9月17日
既に下半身が殆ど動かない為、一人では歩けない。
急遽、予約は入っていなかったが病院へ。
しかし、17日~20日まで担当医はお休み。若手の先生に診てもらった。
取り敢えずこの日は点滴をして帰宅。


9月20日
病院の予約日。抗がん剤の点滴予定の日。
放射線の副作用で認知症の様な症状が出ると言われていたが、17日頃から会話がかみ合わないことがしばしば。
この日の朝は全く会話にならず。

足は全く動かない為、トイレなどは抱えて連れて行っていた。
その為、若手の先生から「入院したらどうだ」と言われる。
「入院して体力を戻してから抗がん剤をやったらどうだ」、と。
「入院しながらでも抗がん剤は出来るから」、と。確かに言われた。

それならば、と入院することに。


9月25日
突然朝電話があり、病院に呼びだされる。急だったので私だけで行く。
担当医の話では「抗がん剤は元々通院できるぐらい元気な人にやるものだから、入院しながらでは通常出来ない」と言われる。
入院しながらでも出来るから……と言われたアレはなんだったのか。
※治る見込みがある者で、緊急の場合は入院中でも出来るらしい。

8月30日に父が言われた、「余命が1~2ヶ月ぐらいだろう。どんなにもっても年内が限界だろう」「10月中に急変してもおかしくない」、話と、「放射線治療をした人は抗がん剤がまわりやすいからやってみるのも1つかもしれない」、ことを改めて言われた。

そして、「ステロイドと抗がん剤の最初に使っていた強めの抗がん剤をやってみて様子を見よう」と言われた。
それでもかわらなければ緩和ケアに移行しようとのこと。


・9月26日
体調に変化なし。

・9月27日
先生との面会の予約が入っていた為、父が行く。
25日の話にあったステロイドと抗がん剤の話は一切無く、初っ端から緩和ケア(ケア病棟への移動)の話しだった。
そして、ケア病棟の見学をした。同意書をもってきた。

・9月28日
お見舞いに行った際に点滴をしていなかったのでちょうど来た看護士に聞く。
食事も取れるようになったので点滴はやめて、ステロイドは飲み薬にしているとのこと。
ステロイドはやっているが、やはり抗がん剤はやっていないらしい。

・9月29日
母方、父方の親戚がお見舞いに来てくれた。
その際に相談。



9月30日
25日に言われた抗がん剤はどうなっているのか尋ねると、今の状態では無駄だろう、と難しい顔をした。
しかし、入院前より明らかに元気になっており、食事も取れるようになっている。
ならば、通院という形を取れば抗がん剤が出来るのかと問うと微妙な顔をした。

25日の説明は一体なんだったのか。
患者の容態は一日、一日変わると説明されたが、確かにそれは分かる。だが、明らかに以前より元気だ。
元気に見えるだけで検査結果ではそうではない、と言われれば納得するが、その検査すらしていないのは確認済み。

最初からやる気が無いなら、「抗がん剤をやって様子を見よう」、とか、そもそも「放射線をやった患者は抗がん剤が頭にも回る可能性がある。それに賭けてみよう」などと言わないでほしかった。
『8月30日の時点では可能性があったけど、今の状態では無理だ』、と25日の時点で言ってくれればこちらだって諦めが付いたのに。。。

取り敢えず、少しでも可能性があるのならやってほしいと頼む。
明日のカンファレンスで他の先生との相談になるが……と一応受けてくれた。

帰宅後、病院から電話アリ。
27日に父に渡したケア病棟の同意書の提出はどうなっているのか、との問い合わせあり。
今日先生と今後の方針について話してきたばかりだと説明して、電話を切る。


この日の夜。母からラインがあった。
夜、「先生が来て、抗がん剤やってみましょう」と言われたとのこと。
……ん?明日のカンファレンスで他の先生と相談すると言っていたのに??



・10月3日、10日、17日
抗がん剤をやることに。
30日の先生の話では、3回やる分の1回だけはやってみよう、とのことだったのに結局3回やることになったらしい。
(抗がん剤は3回投与、3週お休みが1つのクール。)

抗がん剤後は体調を心配していたが、体調に変化なし。
余命の件は本人には話していないので、本人は元気になったからと退院したがっている。


・10月21日
朝、病院から電話アリ。
今日か、水曜日に先生から話がしたいから来てくれとのこと。
21日は予定があった為、23日に行く。



10月23日
私と仕事を早退してきた父が先生の話を聞く。
「そちらの要望通り、抗がん剤はやったし、入院が1ヶ月になったし、本人もアレ以上どうにも出来ないので、緩和病棟に移動するか、自宅で自分達でみるか、訪問介護・看護を呼ぶか、治療を続けたいのなら転院しろ」と言われる。
家族で話し合って、翌24日までに決めてこいとのこと。


家族で相談↓↓

私たちとしても母・本人を無理をさせたいわけではない。
元々、これ以上無理ならケア病棟に移動しようと家族の中では決めていたのだから。。。

ただ、「放射線治療をすれば頭に抗がん剤が効きやすい例がある」と先生に言われたから、少しでも可能性があるならば……と、抗がん剤をやってもらったのだ。でなければ、専門知識も何も無い私たちから「抗がん剤をやってくれ」などと言うわけが無いではないか。
上記にも書いたが、9月27日に父が初っ端からケア病棟を進められたことから、先生の中でもう治療は無理でケア病棟に移動すると決めていただろうに、何故、9月25日の時点で私に、さも、まだ治療の可能性があると言う必要があったのだろうか。そんなことを言われたら僅かでも希望を持ってしまうではないか。

どちらにしろ経緯はさておき、抗がん剤をやったという事実がある以上、その結果はどうだったのか知りたいのだが、この日、それについては何も説明が無かった。
母・本人に確認したところ、何の検査(血液検査もMR・CTなど)もしていないとのこと。
(母・本人は、認知症のような症状が出始めてはいるが、こちらが丁寧に話せば理解が出来るレベル)
そもそも、抗がん剤投与後、一体どれぐらいで効果が現れるものなのだろうか。それすら知らない。

『要望通り、抗がん剤はやりました。これで満足でしょ?結果は知りませんよ』では、患者の家族としては納得がいかない。

本人が弱っていて素人目から見ても無理だと分かるなら諦めも付くが、誰の目から見ても、明らかに入院前よりも元気になっており、しかも、10月の抗がん剤投与後、全く動かすことが出来なくなっていた足が(歩くとかそんなレベルではないが)自分で動かせているのだ。
これで、抗がん剤の効果が全くありませんでした、というのはどうなんだろうか。せめて検査結果をみてから言ってほしいと思うのは間違っているだろうか。

もうケア病棟に移さなければならない状態なのは分かっているが、、、せめて、10月にやった抗がん剤の効果があったのかなかったのか、その結果を教えてほしい。それを聞かなければ、私たちだって今後の方針を決められない。


ケア病棟については先生から本人(母)に説明するとのこと。
その際に同席していた看護士さんに「ご家族の決定を聞いてから、ご本人には説明しましょうね」と数回にわたり先生が念押しされていた。
……もしかして、抗がん剤やる時も他の先生に相談する前に母にフライングで伝えていたのか、この先生??



・10月24日
相談した親戚から、先日の抗がん剤が効果があったのかなかったのか、その説明が無かった旨を伝えたところ、確認しろ!とお叱りを受ける。

先生ともう1度話す為に看護士に伝えたところ、先生が手術の真っ最中とのことで話し合いは断念。後日、日程を改める。

テーマ: 日記 | ジャンル: 日記

1.頭の中の整理用の日記。(2018.12~2019.5)

2018年12月中旬
かっちゃんママが食欲不振の為、近所の医院を訪れる。
貧血症の症状が出ていた為、血液検査をしたそうだ。
翌日、医院から緊急で話したい事があるから来て欲しい呼び出される。
かっちゃんママと共に一緒に行き、大きな病院で診てもらうように言われる。

その足で●●●中央病院に向かった。
かっちゃんママの癌が見つかる。ステージ4。余命宣告を受けた。
●●●中央病院の外科医師は治療する気はなし。
血液検査及びCTは全て内科の先生がやってくれた。
患者自身を診ない。検査をしない理由について家族への詳細な説明も無い。
患者に直接余命宣告をし、その場で入院か自宅療養かを迫られた。
「いろんな場所に転移している為、手術は出来ない。抗がん剤はセオリー通りにやったら間違いなくショック死する。入院しても点滴はするが、それは治療ではない。治療は出来る状態じゃないので。自宅療養ならその専門のところを紹介する」と。
その後も自宅療養をやたらと推すようなことを言われた。
抗がん剤治療にてセオリー通りじゃなかったら助かるのか?とは突っ込まなかった。
この医師には助ける気が感じられなかったから。

メーちゃんの預かりは難しいと判断し、子豚組の保護主さんに相談。
緊急でUママさんに預かっていただくことなった。
元々、蘭子とメーちゃんの折り合いが悪く、ちょうどその頃から蘭子の口が出るようになっていた。
(蘭子の口が出て、咄嗟にメーちゃんを庇った為、私の腕が犠牲になった(T△T))


別の日にかっちゃんパパも一緒に病院へ行く。
質問しても「そんなの当たり前だろ」と言われた。
医師としては当たり前の質問でも突然癌だと言われた患者及び家族には分からないことがあるのに。。。
しかも、私達の前で看護士と「あの医院長ホント使えねぇな」と発言。
患者及び家族の前でそういうこと言わないで欲しい。
また別の日には私達の目の前で看護士を怒鳴りつけていた。

癌相談支援センターに行って来た。
上記の話をしたところ、「先生には先生の何か考えがあるのかもしれないが、あまりにも検査などをしなかったり、説明がないようならば……」とうちの周りにある癌専門の病院を紹介してくれた。

セカンドオピニオンとして紹介された病院に行くには、●●●中央病院の紹介状が必要となる。
その為、電話にて紹介状の依頼をしたが、常勤の先生ではない為、2週間以上かかると言われた。どんなに急いでもらっても1週間は無理とのこと。

飛び込みで紹介された病院に行く。
やはり紹介状が必要と言われたが、内科の医師により血液検査とCTしかしていない旨を伝え、内科の医師から貰っていた検査結果を見せる。
(因みに、ここでもやはり病理検査などをしていないことについて疑問に思われた)

無理を聞いて頂いて、点滴や検査をしてくださり、余命1ヶ月の宣告を受ける。
手術は不可能。抗がん剤もショック死の可能性が高いとのこと。
通常は病理検査をしてから抗がん剤の種類を決めていくそうだ。
しかし、病理検査の結果が通常3週間程度で出るが、年末年始が重なり、4週間かかってしまうとのこと。
しかしながら、かっちゃんママの状態では3週間ももっていたら完全に手遅れになってしまうし、今の状態では3週間ももたないかもしれないとのこと。
病理検査をせずに一か八かで抗がん剤治療に臨む事となった。これにより、緊急入院となる。

入院翌日。医師に呼び出される。
点滴前(入院前)に検査をした結果が、点滴後、劇的に良くなっていたらしい。
検査結果もパソコン上で見せてくれて、癌について書かれている冊子を開きながら一つ一つ丁寧に説明してくれた。
この時点でギリギリだったそうだ。もう1週間遅かったら完全に間に合わなかったと医師から言われた。
……どうでもいい話だが、●●●中央病院の外科の医師は自分だけで検査結果を確認し、こちらに見せも説明もしてくれなかった。癌についての冊子も寄越さなかった。この冊子を貰っていないことについては支援センターの人も微妙な顔をしていた。普通は病院で貰えるか、ネットからダウンロード出来ると案内されるらしい。兎に角、現在の病院との対応の違いに驚いてしまった。


2019年2月末
メーちゃんだが、Uママさんのお家にお引越ししてから2ヶ月ちょい……その時点でバリケンから出ず。
オヤツでつらないとバリケンから出てこない。バリケンの中で引きこもっていた。
Uママさんが「これ以上は難しい」と保護主さんに連絡。
かっちゃんママも退院していたので、再びかっちゃん家で預かることに。
因みに、かっちゃん家では戻ってきたその日からバリケンから出て普通に生活していた。


現在、抗がん剤の副作用は酷いようだし、体力も殆ど戻ってはいないが、取り敢えず生きている。
もしあのまま●●●中央病院にいたらとっくに亡くなっていただろう。

今回、私達は●●●中央病院の外科の医師に不信感を持ち、支援センターでの相談を経て、今の病院に行くこととなったが、もし、あの外科の医師が不信感を持つような人物でなかったら、あのままあの病院にいたかもしれない。
助かるチャンスがあったにも関わらず、それを不意にした可能性もあったわけだ。
そう考えると、●●●中央病院のあの外科の医師には感謝しかない。あなたのお蔭でちゃんとした病院に行くことが出来た、と。

まだ完治したわけではないし、これから体調を崩す可能性だってある。
だが、余命1ヶ月と言われていたのに対し、もう4ヶ月が過ぎた。

余命宣告を受けても諦めずに、セカンドオピニオンに行くのも一つの選択肢かもしれない。


4月中旬
目眩、吐き気、頭痛を訴えた。

GW前
頭部MRI

GW後
頭への転移が見つかり、放射線治療へ

テーマ: 日記 | ジャンル: 日記

かっちゃん公園ドライブ。

IMG_4375.jpg


現在かっちゃん家で預かっているメーガンの付き添いで
海のある公園に行った、かっちゃん。

IMG_4371.jpg


「海に入る~、入る~」ってきかなかったけど、
この日の主役はメーちゃんであって、
海に入る準備なんてしてませんから!!

IMG_5079.jpg


というわけで、かっちゃんには我慢してもらいました。
ごめんね、かっちゃん。

IMG_5080.jpg


メーちゃんはお外が兎に角苦手な女の子。
外に出なくてすむなら!って室内トイレもマスターしちゃった子。

そんな子を外に連れ出すのは結構大変(>_< )
だからこの日も、メーちゃんに合わせた散策しか出来なくて
かっちゃん不満たらたら~(´・ω・`)ショボーン

IMG_5091.jpg


ごめんね。
今度、かっちゃん優先で遊びに来ようね(;^_^A アセアセ・・・

IMG_5081.jpg


テーマ: 犬の写真 | ジャンル: 写真

9歳過ぎでもまだまだ元気です。

先週、かっちゃん夏バテ気味だったから連れて行くか迷ったけど
考えてみればここ数ヶ月どこにも連れて行っていなくって。。。

車が出て置いていかれる度に、車に乗りたそうにしていたから、
今回は暑さ対策をコレでもか!って程してドライブへ。


IMG_4984.jpg


親戚のお家に行くのは
かっちゃんの中でドライブに入るのかどうかは別として(笑)

でもまぁ、道路が込んでいたせいで
4時間もかかったんだから、これはもうドライブだよね!


IMG_4988.jpg IMG_4989.jpg


ここに来ると必ず行かなきゃ気がすまない
かっちゃんのお気に入りの散歩コースがあって

自由に歩かせていると1時間も2時間も…
本当に何時まで経っても自分からは帰るって言わないから
ある程度するとこっちで誘導するんだけど、、、


IMG_4974.jpg



ちょっと休憩したら、もう一度行こうね!!
IMG_4996.jpg


かっちゃんの体力に驚きだよ(;^_^A アセアセ・・・


テーマ: 犬の写真 | ジャンル: 写真

Page top